東海大会でやりたかったこと

馬です.

実は東海大会ではレーザー距離センサ(VL53L0X)を使おうと思っていて,実際に科学館での調整時にはレーザーを使用していました.

専用の基板も用意して割といい感じに動作してくれていて,大会1週間前の事故の影響も受けずにこのまま使えると思っていたのですが・・・

各センサのチェックをしているときにロボットを壁際にもっていくと,ボールの電源を入れてないのに何故かボールセンサに反応が.ちょうど真横と真後ろに.

ナキロボも使って調べたらきれいにレーザーの方向のボールセンサが反応してしまいました.

これでは使えないなと思い,大会前々日に急いで超音波センサを乗せた3段目を作って調整し直し,何とか東海大会には間に合ったという感じです.

 

また,写真を見たらわかると思うのですがロボット間の無線通信も余裕があればやろうと思ってたのですが例の事故により断念しました.

 

まとめ

VL53L0Xはライトウェイトリーグでは使えないと思っておいたほうがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です